パナソニックホームズと初対面

スポンサーリンク
ハウスメーカー選定
スポンサーリンク

こんにちは。ぷーです。
今回はついにパナソニックホームズさんの登場です。パナソニックホームズよりもパナホームのほうが聞き覚えがある方も多いかと思いますが2018年4月に社名を変更しているそうです。また前年の2017年にパナソニックの完全子会社となっています。家電、IT機器大好きなぷーとしてはパナソニックホームズは興味津々です。ただイメージとしてはかなりお高そうなイメージもあります。

なんて色々考えながらいつも通り近所の住宅展示場へ。パナソニックホームズさんのモデルハウスへ行くと営業のOさんがお出迎えしてくれました。このOさん物腰も柔らかく丁寧で同い年。そして肩書は違う営業所の所長ということでした。

例によってお家の中へ案内されアンケートを記入します。この日は平日なのでほぼ先客はなくゆっくり見学させていただきます。さすがモデルハウスという規模の大きな家でモームエレベーターまで付いている大豪邸です。サイズ感は全く参考になりませんが色んなところにパナソニックの工夫が隠されていました。部屋干しスペースにはナノイー発生機まで付いています。住宅設備もパナソニックばかりが入っていましたが他メーカーも可能とのことでした。どー考えてもパナソニックで揃えたほうが割引率は高そうですが。。。

一通り見学したところでパナソニックのお家の特徴を教えてもらいました。まずはなんと言っても鉄骨。パナソニックではカサートCという大型パネル工法とカサートSという鉄骨のHS工法の2種類がメインとなります。HS工法ではなんと15cmピッチで間取りが調整できます。そしてイチオシの全館空調はカサートSのみ可能とのことでした。(全館空調についてはまたどこかで書きたいと思います)さらに一条工務店でもあった光触媒技術で汚れを分解し雨で落とすタイル「キラテックタイル」ですもあります。そしてぷー家で重視されている耐震性能ですが高層ビルで用いられる座屈拘束技術(アタックフレーム)を住宅用にダウンサイジングして採用しているとのことでした。他にもなかなかお腹いっぱいになる内容でしたがパナソニックの諸々は今後ゆっくり書いていきたいと思います。

次回は土地問題のこともあるのでこちらから連絡することとして本日は一旦帰宅としました。嫁はパナソニックホームズの家と営業さんがかなりお気に入りのようでしたので次回以降話を詰めていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました